PET-CT検査

先日PET‐CT検査を受けてきた。はじめてのPET検査…

私は、手術後に悪性腫瘍とわかったので、体のほかの部分にがん細胞がいるか調べる目的で…。正直この日が来るまで不安で不安で仕方がなかった。

ほかの部分にもがんが見つかったら今後の生活が全く別の物になってしまうだろうと…また手術をすることになるだろうと…抗がん剤の治療をすることになるのか?等と考えてはとにかく不安な日々をすごしていた。

 

検査前日の夜ご飯をすませ、いつも通り寝ようと思ったけどあまり寝れない…。

朝までに何度か目が覚めました。

当日は朝9時から検査だったので朝食をとらずいつもより早い出発で、病院へ。

電車で偶然リハビリの先生に会いました。

入院中にリハビリを担当してくれた先生で今元気に動けるようになった報告も出来たので嬉しかったです。

病院で受付をしてすぐに放射線科に行き検査の準備に入りました。

まず初めに腕から薬剤?を入れました。

あとは、全身にいきわたるよう安静に休んでくださいと言われ、リクライニングの個室スペースで横になりました。30分ぐらいでしょうか。前日の夜にあまり寝ていなかったので安静中に寝てしまっていた…。

しばらくすると起こされ、トイレを済ませてCT室へ。

膀胱を空にするため必ずトイレへ行ってからCTを撮るようです。CTははじめてでした。

MRIのような機械が待っていましたが、ドーナツ状の機械を通過する感じで撮影が行われました。

CT中も同じく眠ってしまっていました…。

これを二回繰り返して終わり。

2回目もわたしはひたすら眠っていました。もう少し眠らせてくださいとすら思っていました。

その後の診察まで時間があったのでご飯を食べて、コーヒーを飲んだりお菓子を食べたりして本を読みながら時間を潰しました。

 

診察の時間になりCT写真の結果説明がありました。

写真で光っている部分が薬剤が残っている部分。

脳は糖分を使っているので光っていても問題ない、あとは腎臓?や膀胱あたりもそうだったと思いますが問題ないとのこと。

肝心の肺は何も気になる部分はなく、転移なし❗️✨

他は手術をした箇所とその周りが光っていました。

これに関しては多分今体を元の状態に戻そうとして細胞が働いている可能性が高いので問題ないが、念のため来月MRIで確認をすることに…。

もう慣れてきたMRI。この腫瘍ができてから何度も撮ったなぁ。

 

今回はとにかく心配されていた肺転移がなかったのでホッと一安心でした。

もし、次に再発又は転移した場合、手術をした部分の太ももに再発をするか肺に転移する確率が高そうだという事。

そして、抗がん剤の効かない(効果を期待できない)病気なので見つかった場合は手術で取るという方法になるようです。

とにかくわたしは軟部肉腫が見つからないよう、見つかってもかなり小さいうちに取れるよう祈り検査に通うしかありません。

PET-CTの検査は保険適用で3万円ぐらい。

MRIの1万円でも高いと思ってたのに…。

これ毎月だったらつらいなぁ…

だけどこんなに全身隅々まで調べてもらえるんだから安心と健康には変えられないですね。

この前の手術では軟部肉腫がまだ小さい段階で取れた事に感謝していますし!

来月の検査まで健康的な毎日を送るよう心がけます!

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク